アクアフィリング豊胸術のモニターを体験

出るとこはしっかり出てほしいと思っていた

出るとこはしっかり出てほしいと思っていた / たまたま目に留まったモニター募集 / 目に見えて大きくなってビックリ

昔から胸が小さくコンプレックスに感じていました。
身長が低いのでボリュームのありすぎる胸は欲しいとは思ってはいなかったのですが、さすがにまな板のような感じでブラジャーすら必要としないくらいの胸の大きさで年頃になるとかなり悩み始めました。
それでもいまどきはあるていど下着でカバーできたりと、洋服を脱がない限り胸が小さいとは他人には分からなかったのですが、彼氏ができ海に行こうという話が具体的になり、さすがに水着になり胸をごまかすことができるのも限界があると感じ始めました。
ですが、当時はお金にも余裕がなく、豊胸手術には興味があったものの、断念せざるを得ない状況でした。
また豊胸手術というと何となく身体にメスをいれ、副作用や手術失敗のリスク、さらには麻酔などの不安などもありました。
結局胸についての悩みは解消されることなく月日は過ぎていく一方だったのに、そんなある日私に豊胸のことを再度考えるきっかけになった出来事がありました。
それは彼の浮気でした。
とても誠実な方だったのに、偶然彼が女性と一緒にいるところを見かけてしまい、破局することになりました。
その相手の女性は女性の私から見ても魅力的な身体つきで、豊満な胸、くびれた腰など、私の体型とは真逆と言ってもいいほどの方でした。
私が胸が小さいことで彼が浮気にはしったとは思いたくないものの、やはり女性としての魅力に欠けると思い、ネットで豊胸術について調べ始めました。